ながら筋トレ・・1

2016.02.27 Saturday 05:38
0
    JUGEMテーマ:整体
    今回は、何かをしながらの筋トレのお話です。
    皆さんは、健康のため・・・いろいろな事を試されているのではないでしょうか?!
    普段の生活の中でも出来る、ながら体操をご紹介します。

    日本式の布団の上げ下ろし、寝かたが・・・・・
    自然と、ながら筋トレになっています!

    理解しているのと、理解している・または分かっていないのとでは大違い!?
    痛み等を伴ってしていると、痛い部位を尚更のこと悪化させるので要注意!!
    痛みがなければ、毎日、行うことで自然と筋トレに繋がっています。

    西洋式は、ベット・椅子などの生活ですから立ち上がる際の、
    膝からの下の筋肉群が年齢を取ると共に【老化現象】・退化、もしくは衰えてきます。
    その点、日本式では座布団から立ち上がったり、布団に寝てから起き上がる際に
    筋肉を毎日鍛えています。
    また、布団を上げる際にも全身の筋肉群を知らずの内に使っています。
    そして、正座をしている際には、大腿・足首に対し自然のストレッチもしています。
    自分自身の体重で負荷を掛けているので無理がありません。
    此に加え、個々に於いてスクワット・ストレッチ等を組み合わせることも良いと思います。

    落とし穴も存在します! 個人差は存在しますが・・・・・・・・
    人により生活環境・仕事の内容・精神的ストレス等
    知らず知らずのうちに少しづつ疲労が重なり何かのきっかけで症状が急に現れたりします。
    2〜3日間、不定愁訴が治まらないときには人それぞれの健康管理をお進めします。

    身体をリセットして、元の健康な状態にすることも大切と考えます。
    私事ですが、身体のリセットを忘れ?! 
    座骨神経痛をぶり返した、という結果となりました!
    自身の要注意事項です・・・(^_^;)

    このことを理解していないと、いつの間にか階段から降りる際・・・
    ウオ−キングをしている際などに膝がガクガクしたり膝が笑ったりと・・・
    その内に、腰が痛くなったり膝の曲げ伸ばしがきつくなったり
    がに股気味になったりと、心配する現象に陥りやすくなります。

    かといって、痛み等が強めに有るのに無理をして、ウオ−キング・ながら体操等を
    することは、むしろ逆効果で筋肉群や靱帯・腱などを痛めてしまう恐れも有りうるので
    痛み等が軽減してから行うことをお進めします。
    気をつけたいところですネ!

    日頃からの心がけと不定愁訴が現れた場合のリセット施術が、とても大切です!
    以上、ながら筋トレ・・1でしたが、ご参考にされてください。



    Blogランキング応援<(_ _)>
    category:筋トレ | by:回復屋comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    WEATHER
    ペット保険【エフ・ピー・シー】
    エキテン口コミ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM